2017年08月18日

琥珀の夢(403)サントリーオールド

昭和25年4月1日、寿屋の最高級ウイスキー「オールド」が発表された。
そのボトルの形状、色の妙味から「ダルマ」と呼ばれ話題になったオールドである。

一番の注目は価格だった。社内にもあった反対を押し切って、信治郎はそれまでの日本のウイスキーで最も高い価格で売れと命じた。

(余談:今はこんなプレミアム品「ひょうたんボトル」も。)



全国の問屋・特約店も驚いたが、商品を陳列してみるとオールドは売れ続けた。信治郎に自信があった。

「トリス」「白札」「角瓶」というこれまで築いたラインアップに親しんできてくれた顧客が、ひとつ上のウイスキーを受け入れてくれるはずだという確信があった。


信治郎が夢に描いていた、日本人が本物のウイスキーを飲む時代が来ようとしていた。


posted by 琥珀色 at 07:23| 琥珀の夢 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

琥珀の夢(370) 国家総動員法

1939(昭和14)年9月、ドイツのポーランド侵攻をきっかけに英仏がドイツに宣戦布告し、第2次大戦が始まった。

この影響を受けて、2年前から始まっていた日中戦争で優勢だった日本に対し、アメリカとイギリスが中国からの撤退を要求した。


世界の中で孤立しつつあった日本は、アジア諸国をヨーロッパ列国から独立させて、国家連合を作る方向に進み始めた。

そのために日本は国内では国家総動員法などを制定し、戦時体制の統制経済政策が始まったが、信治郎は進んでこれに協力した。

特に海軍への協力を惜しまなかった信治郎は、公定価格になっても「赤玉」やウイスキーの納入を増やしていた。

posted by 琥珀色 at 09:14| 琥珀の夢 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

琥珀の夢(186)

三池丸が横浜港の桟橋に近づくと、イギリス公使を迎える軍楽隊が勇壮な音楽で迎えた。

進次郎は馬車で日本大通りにあるホテルに入り、すぐに日本大通りをあるき出した。

「何や、この道幅のおおけさは・・・」


信治郎は道幅や英米領事館などの周りの建物に驚いた。

そして、洋酒を扱う店に入って行った。

posted by 琥珀色 at 13:46| 琥珀の夢 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。