2017年08月27日

琥珀の夢(412)信治郎死す

昭和37年2月20日早朝、鳥井信治郎は永眠した。享年83だった。
翌21日に密葬が行われ、25日に大阪四天王寺で社葬が行われた。

葬儀委員長は国分商店社長、国分勘兵衛、喪主は鳥井信一郎、弔事は総理大臣池田勇人から始まり、社員代表で作田耕三取締役が涙ながらにのべた。弔電2000通、会葬者は5000人を超えた。


葬儀から4ヶ月後、敬三は社内にビール営業部を新設した。府中のビール工場は急ピッチで進んでいたが、競合他社の攻勢は目に見えて厳しさを増していた。

発表するビールは3度の欧州訪問のによる数百種のビール試飲・検討の末、デンマークのカールスバーグの生ビールの味覚に決定し、提携を経てあらゆるノウハウを吸収した。


寿屋全体が久しぶりに熱気に満ち溢れたが、1つ問題が残っていた。ビール流通の隘路が打開できずにいた。

販売店が寿屋のビールを置かないというのである。


posted by 琥珀色 at 10:58| 琥珀の夢 物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。