2017年07月16日

琥珀の夢(371) 吉太郎

信治郎はこの夜も、インドシナに向かう戦艦に乗る海軍士官の壮行会を南地の「大和屋」で催していた。

それは単なる海軍贔屓ではなく、彼らから正確な戦況の情報を得るという目的があった。


更に大切なことは、昨年あたりから物流統制が厳しくなり、大麦の入手が困難になり始めていたという事情であった。

将来の寿屋の宝であるウイスキーの仕込みを、1年でも途絶えさせることはできない。大麦の確保は寿屋の死活問題だった。


イギリス仕込みの、ウイスキー好きの海軍なら、ウイスキーの原材料を提供してくれるはずだと、信治郎は見ていた。

宴が終わり、ひと息ついた信治郎に電話が入った。吉太郎の具合が悪いという知らせだった。



posted by 琥珀色 at 10:28| 琥珀の夢 登場人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

琥珀の夢(370) 国家総動員法

1939(昭和14)年9月、ドイツのポーランド侵攻をきっかけに英仏がドイツに宣戦布告し、第2次大戦が始まった。

この影響を受けて、2年前から始まっていた日中戦争で優勢だった日本に対し、アメリカとイギリスが中国からの撤退を要求した。


世界の中で孤立しつつあった日本は、アジア諸国をヨーロッパ列国から独立させて、国家連合を作る方向に進み始めた。

そのために日本は国内では国家総動員法などを制定し、戦時体制の統制経済政策が始まったが、信治郎は進んでこれに協力した。

特に海軍への協力を惜しまなかった信治郎は、公定価格になっても「赤玉」やウイスキーの納入を増やしていた。

posted by 琥珀色 at 09:14| 琥珀の夢 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

琥珀の夢(356)やってみなはれ

国産初の本格ウイスキー「白札」も、日本人に少しはなじみのあるはずの「オラガビール」も売れ行きは低調だった。

大日本麦酒、麒麟麦酒、日本麦酒鉱泉の3社体制にあったビール市場に、安さで挑んだ信治郎だったが、既存勢力は容赦なくつぶしにかかっていた。


「オラガビール」は他社の古瓶を使って詰めていたため、一社が商標権侵害の訴えを起こしたのである。

問屋筋も心配したが、信治郎は「それだけビールの商いは宝の山ということだ」とむしろ確信した。


ビールは何としても寿屋の柱にしなければならないと思った信治郎は、逆風の中でビール工場の拡張を図った。

そんな時、竹鶴が信治郎に、オラガビールの味覚のことでやってみたいことがあると言ってきた。話を聞いた信治郎は、大きくうなずいた。

「そら面白い。やってみなはれ」

posted by 琥珀色 at 16:06| 琥珀の夢 あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。