2017年05月28日

琥珀の夢(323) 竹鶴政孝

マッサン登場!

信治郎はウィスキー造りにかかる費用の目算をしてみた。出てきた数字を見て大きくため息をついたが、すぐに思い直した。

「まだ何ひとつしてへんうちからタメ息なんぞ零(こぼ)してからに、福がにげてまうで」


後にも先にも信治郎が何度もため息を零したのはあの時だけだった、と後年クニが述懐している。

商品ができるまで5年、10年という時間を要するウイスキー作りを成功させるきっかけが、信治郎にはまだ見えていなかった。


信治郎は夜中に家を抜け出し、築港工場のある桟橋で自分の手を見つめた。「同じ人間の手や。わてのこの手でもでけるはずや・・・」

夜明けに店に戻ると、ロンドンから電報が入っていた。技師として招こうとしていたムーア博士の伝言を伝える、三井物産の中村副支店長からだった。


今、日本人でウイスキー造りを学んだ人物が帰国しているはずだ。彼に委せればさまざまな経費を節約できるはずだ、とあった。

竹鶴政孝、というその人物の名前には記憶があった。摂津醸造の社員で、ウイスキー造りの留学を終えての帰国だと記してあった。



posted by 琥珀色 at 09:49| 琥珀の夢 登場人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

琥珀の夢(302)トリスウヰスキー

「トリスウィスキー」という名前は「サントリー」の社名より先にできたという話。
(なつかしい「アンクルトリス」↓)




信治郎が新しいウィスキーの名前を考えていると、クニと吉太郎が帰ってきた。並んでいる「赤玉」「向獅子」「ヘルメス」を指差して、吉太郎が「トリイ、トリイ」と何度も繰り返した。

吉太郎がいなくなった後も、信治郎の耳に「トリイ」という声が響いた。
「そや!それがええかもしれん!」


信治郎はすぐに神戸のセレース商会の社長夫人に電話した。
「実は、鳥井の商品を格好良う言うにはどう言うたら・・・」

セレース夫人が提案したのは「TORY'S」だった。


信治郎は戻って「トリースウイスキー」「トリースウイスキー」と繰り返すうち、なんだか間延びした感じがして、早口で読んでみた。

「トリスウイスキー。そや、これでええ」
この瞬間、信治郎は後年爆発的な売上となる「トリスウヰスキー」の名前を手に入れた。


posted by 琥珀色 at 11:38| 琥珀の夢 物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。