2017年08月27日

琥珀の夢(412)信治郎死す

昭和37年2月20日早朝、鳥井信治郎は永眠した。享年83だった。
翌21日に密葬が行われ、25日に大阪四天王寺で社葬が行われた。

葬儀委員長は国分商店社長、国分勘兵衛、喪主は鳥井信一郎、弔事は総理大臣池田勇人から始まり、社員代表で作田耕三取締役が涙ながらにのべた。弔電2000通、会葬者は5000人を超えた。


葬儀から4ヶ月後、敬三は社内にビール営業部を新設した。府中のビール工場は急ピッチで進んでいたが、競合他社の攻勢は目に見えて厳しさを増していた。

発表するビールは3度の欧州訪問のによる数百種のビール試飲・検討の末、デンマークのカールスバーグの生ビールの味覚に決定し、提携を経てあらゆるノウハウを吸収した。


寿屋全体が久しぶりに熱気に満ち溢れたが、1つ問題が残っていた。ビール流通の隘路が打開できずにいた。

販売店が寿屋のビールを置かないというのである。
posted by 琥珀色 at 10:58| 琥珀の夢 物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

琥珀の夢(403)サントリーオールド

昭和25年4月1日、寿屋の最高級ウイスキー「オールド」が発表された。
そのボトルの形状、色の妙味から「ダルマ」と呼ばれ話題になったオールドである。

一番の注目は価格だった。社内にもあった反対を押し切って、信治郎はそれまでの日本のウイスキーで最も高い価格で売れと命じた。

(余談:今はこんなプレミアム品「ひょうたんボトル」も。)



全国の問屋・特約店も驚いたが、商品を陳列してみるとオールドは売れ続けた。信治郎に自信があった。

「トリス」「白札」「角瓶」というこれまで築いたラインアップに親しんできてくれた顧客が、ひとつ上のウイスキーを受け入れてくれるはずだという確信があった。


信治郎が夢に描いていた、日本人が本物のウイスキーを飲む時代が来ようとしていた。
posted by 琥珀色 at 07:23| 琥珀の夢 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

琥珀の夢(391)進駐軍

「昨日まで『鬼畜米英』言うて、アメリカはんを鬼のように言うていたオヤジが・・・」
納得のいかない敬三に信治郎の声が聞こえた。

「敬三〜、敬三は〜ん。どこへ行きよったんや、あいつは」
敬三はゲストであふれている応接間に向かった。信治郎の隣に小林一三の姿があった。


敬三は揚げたばかりの大海老の天ぷらが山盛りになった大皿を渡され、進駐軍の将校に出すように言われた。

「敬三、ゲストはんのウイスキーがないで。早うしなはれ」
信治郎に命じられた敬三は愛想笑いをしながら将校の階級章を見た。


今日のゲストは進駐軍中部方面のトップと聞いていたが、その男は中部方面のトップだった。

posted by 琥珀色 at 12:34| 琥珀の夢 登場人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする